So-net無料ブログ作成

マレーシア航空17便撃墜事件から1年。298人を殺した大量殺人犯は今も他人に罪を押しつけている。 [国際]

マレーシア航空17便がウクライナ上空でミサイルに撃墜されてから今日で1年が経った。

乗員・乗客あわせて298人全員が死亡するという撃墜による航空機事故では史上最悪の事件だった。

にもかかわらずいまだに犯人はあきらかにされていない。

親ロシア派およびロシア、ウクライナ側双方共に相手のミサイルによるものだと主張し決着がつかないでいる。

証拠について確認できるわけでもないのでどちらが疑わしいとか言うつもりはないが、ひとかけらでも良心を持ち合わせているのなら名乗り出てほしいものだ。

しかし史上最悪の撃墜事件が1年経っても何の進展も見られないというのは国際社会の恥と言える。
この一年間国際社会は何をしてきたのだろう。
マレーシア外務省は14日にマレーシア、オランダ、ベルギー、オーストラリア、ウクライナの5カ国が共同で国連安全保障理事会に対し、国際犯罪法廷の設置を要請したと発表した。
これについてロシアが反対を表明している。
拒否権発動もありえる。
こうした状況を見る限り解決の見通しはまったく立っていないと言える。

そして国家や国連というものがいかに信頼が置けず、頼りにならないかということを思い知らされたと言える。
結局民間人としては自己防衛に努めなければならない。
今回の場合で言うとマレーシア航空は紛争地域であるウクライナ上空を通過しないように航路を改めるべきだった。
乗客もどのルートを取るのか確認した上で乗る飛行機を選ぶ必要がある。

本当にイヤな世の中になったものだ…






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

国民投票で緊縮策否決させた直後にEUに緊縮案受け入れを提案。迷走するギリシャのチプラス首相は無能か詐欺師か英雄か [国際]

債務不履行直前となっているギリシャに対してEUは支援続行を決めた。
ただその改革案を15日までにギリシャ議会で可決成立させるなどの条件をつけており、その条件をギリシャが履行できるのかはまだ不透明だ。

ギリシャでは今年1月25日に行われた総選挙で緊縮策撤回を掲げたチプラス氏率いる急進左派連合(SYRIZA)が勝利して、チプラス氏が首相に就任した。
公約実行のためにチプラス首相はEUやIMFと交渉するも決裂。
6月30日のIMFへの返済期限に間に合わず。
チプラス首相は国民投票でEUの提案する緊縮策を受け入れるかどうかを問うとして、国民に否定を呼びかけつつ、結果を尊重すると発表

そして7月5日に国民投票が行われチプラス首相の思惑通りに結果は緊縮策の受け入れを否定する結果となった。
しかし7月9日ギリシャ政府が提出した金融支援を受け入れるための財政改革案は、今までのEUの緊縮策をほぼ受け入れるものだった。
国民投票の結果を尊重するととの言葉は何だったのだろうか?

自分としてはギリシャが緊縮策を受け入れるのは歓迎だ。
だがこれまでのチプラス首相の言動をみて信用できるとはとても思えない。
実際連立を組んでいる別の党からは改革案への署名を拒否されている。
逆に緊縮策賛成派の野党からの支持されている状況だ。

彼にギリシャ政府をまとめられるとは思えない。
大風呂敷をまとめて引っかき回した無能な政治家と言える。

それとも全ては駆け引きのうちでチプラス首相の思惑は一貫しているのだとしたら、詐欺師の領域だろう。もっとも既に誰にも信用されなくなっていると言えるが…

そしてチェ・ゲバラに憧れるチプラス首相だが、彼のような英雄になるのは無理だ。
もし英雄になれるとすればEUとの関係も良好に保ちながら、今すぐ緊縮策をやめた上で、ギリシャに驚異的な経済成長をもたらし、なおかつ全ての借金を早期に返済したら英雄と呼んでいいと思うが、どう考えても無理だ。

ギリシャの経済低迷は確かにEUの緊縮策の影響と言える。その点では同情すべき部分もある。しかしそもそもの原因はギリシャ政府の放漫財政と粉飾決算によるもの。
それを全ての責任をEUに押しつけようとする態度といい、脅迫するような交渉姿勢といい、国際社会から信用される要素はまったくない。

チプラス首相は議会の結果次第では退陣することもにおわせているが、それは逃げでしかない。
ここまで混乱させた張本人としてどのような結果となろうとしっかり責任を全うするべきだろう。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。