So-net無料ブログ作成

怪我に泣かされた怪物平山相太引退。日本人は怪我が少なかったマイケル・ジョーダンに学んで欲しい [スポーツ]

サッカーJ1ベガルタ仙台の平山相太選手が引退を表明した。

平山選手は国見高校時代から恵まれた体格と素質を持つ超高校級の選手として2年連続得点王となるなど大活躍していた。
周囲の期待も大きかったが、プロ入り後藤理沙子は度重なる怪我に泣かされたこともあり、期待されたような活躍は出来なかった。

サッカーのように接触が多いスポーツでは注目される選手に対してはチェックが厳しくなり、その結果才能ある選手が若くして引退してしまうことが多い。運不運というものもあると思うが、防げる怪我もあると思う。

このあたり日本のスポーツ界はバスケットボールのマイケル・ジョーダンを見習ってはどうだろうか?

マイケル・ジョーダンは大学時代から活躍し、プロ入り1年目に新人王を獲得するなどしたが、当然のように相手チームのチェックが厳しくなり、2年目は早々に怪我をしてシーズンのほとんどを欠場している。
特に同地区のライバルであるデトロイト・ピストンズはファウルもいとわない激しいディフェンスでバッド・ボーイズの異名をとるチームで、ジョーダンは常に執拗なディフェンスに晒されていた。
ジョーダンは激しいディフェンスに負けない身体を作るために専属トレーナーを雇い、どんな体勢からでもシュートを打てるようにバランス感覚を鍛え、怪我に強くなるために足首のトレーニングを行い、また試合後のクールダウンに相当な時間を費やしていた。
こうした努力が実を結び、その後大きな怪我をすることはなく、6回の優勝、6回のMVP、7年連続を含む10回の得点王という記録を残したのだろう。

いまだに根性論や精神論を掲げる指導者が多い日本のスポーツ界だが、海外の偉大な先人たちに学んで欲しいと思う。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

暴行事件を隠蔽していた春日野親方が広報部長をしていたら、貴乃花親方が警察に行くのは当然の成行だ [スポーツ]

角界また不祥事!今度は春日野部屋元力士 傷害事件公表せず

春日野部屋傷害事件 弟弟子は味覚障害に「人生を返してほしい」

春日野親方 傷害事件発覚に「何か言ったらまた書くでしょう」

春日野親方 加害者はやめているから好評の必要はない
相撲協会  春日野より協会に報告されており、理事および親方として対応に問題はなかった

相撲協会の体質がこれ以上ないくらいわかりますね。
日馬富士の暴行を貴乃花親方が警察に通報せずに相撲協会に報告していたら間違いなく隠蔽されたであろうことは疑いようがない。
春日野親方が広報部長に就任したのは事件より後だし、相撲協会が隠蔽体質なのは間違いない。
貴乃花親方が協会に報告しなかったのは弟子を守るためには当たり前のことだ。

日本相撲協会評議員会議長の池坊氏は法律よりも相撲協会が上だと明言しているし、相撲協会そのものがもう組織として腐りきっているのだろう。

相撲協会は力士の暴行死亡事件から「暴力をなくす」とか何度も言っているが、彼らにとって暴力は当たり前のことすぎてなくすことは出来ないのだろう。自分たちも殴られて育ったのだから、殴るのは当たり前だと考えているのか。そもそも死なない限りは暴力に入らないと思っているとしても不思議はない。
これを改革するのはもう無理なのではないかと思う。
1度相撲協会を解体して相撲協会の理事を全て外部の人間にしたとしても、各部屋の暴力はなくならないだろうし…

とりあえず税制優遇を受けている公益財団法人の認定取り消しはすぐにでもするべきだ。
犯罪隠蔽集団を優遇するとかとんでもない話だ。

相撲という伝統文化は守っていきたいと思うが、暴力なくして相撲はないのだとしたら、守る必要なないと思う。

この状況で貴乃花親方を批判するメディアがいるのも相撲協会と癒着して、批判記事を書くように依頼されてるのではないかと疑いたくなるな(笑)







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。