So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

買収されたSKE48は沈没寸前のAKS及びAKB48グループの影響をはねのけられるか? [芸能]

AKB48の姉妹グループであるSKE48がKeyHolder社によって買収された。

あのSKE48に買収価格「30億円」の価値はあるか

SKE48は記事中にもあるようにファンが提携企業の商品を買ってSKE48を支えようという意欲が凄く強いい。
他にも毎年AKB48グループで行われてきた選抜総選挙でも毎年好結果を残しており、ランクイン数がグループ内トップを取ったこともあるし、2017年には1位松井珠理奈、2位須田亜香里とワンツーフィニッシュを飾っている。

そうした点を評価しての買収であろう。

しかしこの買収後に発覚した姉妹グループNGT48で発覚したメンバーの1人山口真帆さんへの暴行事件及び運営会社AKSの対応のまずさがAKB48グループ全体のイメージ低下を招いてしまった。
暴行事件もさることながら、その後のAKSの対応のあまりのひどさには呆れるばかりだ。
NGT48だけではなくAKB48グループ全体の存続危機だと危ぶむ声も多い。

SKE48はタイミング良くKeyHolder社に買収されてAKSとは関係ないと思う人もいるかもしれないが、実際はAKSとの結びつきは買収後も強く残っている。
AKSがKeyHolder社の株を20%保有していることでも明らかだ。
またAKB48名義のCDはAKB48のメンバーだけではなく、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48、STU48それぞれからメンバーが選ばれ、収録曲を歌っていて、グループ全体でのコンサートも行われているが
、それぞれの選考にはAKSの意向が強く反映されているとみられる。
AKSに睨まれれば、AKS所属ではないSKE48のメンバーであっても干されることもあり得る。

そしてAKB48グループに詳しいわけでもない一般の人にとってはAKB48もSKE48もNGT48も一緒のようなものだと思っている人が多い。

そう思っている企業からすればSKE48と契約するのは躊躇する可能性は高い。

NGT48は次々と契約解消され、冠番組も全て終了してしまった。
なのにAKSは何一つ有効な手を打てないどころか、下手を打ってますます信頼を失っている状況。

さらに10年連続で開催してきた選抜総選挙を開催しないことを発表した。
AKSはNGT48の問題とは無関係だと言っているが、AKSにとって最大に集金イベントで会ったことは間違いなく、理由が何であろうとAKSの経営に打撃を受けることは間違いない。
NHKで放送されてきたAKB48SHOWも打ち切られた。

その影響はSKE48にも及びテレビなどのメディア露出が減るのは間違いないだろう。

SKE48が生き残るためにはAKB48グループの一員としての活動だけではなく、SKE48独自の活動を広めていくことが大事だ。
SKE48メンバーの須田亜香里などは事務所移籍後テレビ露出が増え、知名度を上げている。
彼女のようにSKE48全体がAKSやAKB48グループに頼らない方法で活動していければ、今後も発展していくことは可能だとは思う。ただ相当に厳しい道のりなのも確かだ。

幸いにして現在SKE48と契約している企業はSKE48のことを良く知っているのか、契約を継続しているようだ。
ファンのロイヤルティーの高さも健在だ。

事件の影響を完全にかわすのは無理だが、既存の契約先やファンを大事にしながら、影響を最小限に留めていければ今後も生き残っていけるのではないか…






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

埼玉県警の隠蔽体質が事件を拡大させた、熊谷6人殺害事件。警察官は失態の責任を問われないからこそ責任を持たない! [社会]

<熊谷6人殺害>妻と娘2人を殺害された男性、県を提訴へ 「県警が情報提供怠った」落ち度を認めて謝罪を

2015年9月に小学生姉妹を含む6人が殺害された埼玉県熊谷市の事件。

小学生姉妹と妻を殺害された男性が、情報提供を怠ったとして埼玉県を提訴した。

県警は「住居侵入事件は、後に殺人事件に至ると想定できるほど具体的な危険行為を伴うものではなかった」「地域社会の不安感をいたずらに高める恐れが懸念された」などとしている。(上記記事引用)

事件の概要

まず任意同行からの逃走自体は犯罪とは言えない。
この時点で市民に情報提供するかどうかは、難しいと思う。
しかし警察官が監視していながら逃げられたことは、間違いなく警察の失態だ。
ただ交通量の多い国道同士の交差点を赤信号を無視して走り抜けるのは命がけだ。
警察署内に荷物を残したままであることや、挙動不審であったことも考えれば、機動隊を動員してでも警戒を強めるべきだった。
失態を隠そうとしていたのではないだろうか?

14日の最初の殺人事件が明らかになった時点では逃走中の外国人男性が犯人と言えるはっきりとした証拠は出ていなかったと思う。ただ犯人が見つかっていない状態であること、不審な外国人男性が逃走を続けていることを考えれば、同一人物である可能性を考えるのは当然だと思う。
上記の事件の概要や記事にも書かれていなかったが、14日の夜には第2第3の事件が起きた石原付近では、交差点や細い路地の入り口にまで警察官が配置され、相当な警戒態勢が敷かれていた。
警察が事件が続く可能性を高く見ていたことは明らかだろう。
遅くともこの時点で住民に警戒を呼びかけるべきだった。

15日に第2の事件の被害者が発見される。
このとき被害者宅周辺の道路を封鎖し、大量の警察官が周囲の捜索をしながら、近所の住宅を訪問し警戒を呼びかけていたが、発見されたばかりの第2の事件の件も含め説明はまったくなく、聞いても教えてもらえず、第2の事件について知ったのはテレビの報道によってだった。

近所で事件が起きたのは初めてだったので、普段事件が起きた際に周辺住民に説明してくれるのかどうかはわからない。
ただ第1の殺人事件が起きた時点で警戒を呼びかけていれば、戸締まりをしっかりして警戒していたはずだ。
第2の事件は発見前日に殺害されていた可能性も高いようなので、警戒の呼びかけが間に合っていたかどうかはわからない。
ただ第3の事件は、警察が警戒を呼びかけていれば防げた可能性はあると思う。

埼玉県警は「一連の対応に不備はなかった」としているが、
・逃走されたこと
・逃走後充分な配備がされていないこと
・情報提供をしなかったこと
は間違いなく不備だと思う。

法律には詳しくないので、警察の責任をどれだけ問うことが可能なのかはわからないが、不備を認めて謝罪することは最低限必要だろう。

警察官達は失態を犯しても隠蔽して責任を問われないからこそ、監視にも責任を持たずに杜撰な監視をするのではないか?
不備を認めることが出来ないようなら、今後も同様の不備を起こすし、同様に隠蔽するだろう。

埼玉ではなく大阪での出来事だが、先月杜撰な監視体制から容疑者が逃走する事件が起き、報告が遅れていることを見ても、警察が反省や改善をしていたとはとても思えない。

失態は隠蔽する体質は治しようが無いのだろうか?















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の2件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。