So-net無料ブログ作成

詐欺で有罪判決を受けても活動継続した小室哲哉が不倫で引退。逆なのでは? [芸能]

小室哲哉、謝罪会見で引退発表 不倫疑惑の責任感じ「僕なりのけじめとして決意しました」

音楽プロデューサーの小室哲哉氏が不倫報道を受け、謝罪会見で引退表明をした。

このニュースを聞いてまず思ったのは「えっ引退するの?」だった。

ぶっちゃけ不倫が事実なのかどうかは報道ではわからないが、事実だとしても犯罪というわけではないし、小室哲哉とKEIKOさんの間の問題であって、引退する必要はないだろうと思った。

小室哲哉氏は過去に詐欺罪で有罪判決を受けている。
そのときは引退せずに活動を継続している。
むしろ引退するならそのときすべきだったのではないだろうか?
当時「あらためて音楽活動しかない」って語ってはいたけど・・・
まあそのときの賠償金などをエイベックスの社長に立て替えて貰っていたから、お金を稼ぐ必要があったのかもしれないが・・・

それにたいして今回は不倫であって犯罪ではない。
確かに不適切な行動ではあるが、基本的に当事者間で解決すればいい話だ。
それなのに引退するという・・・

「けじめをつけて」と言っているが、マスコミに騒がれることに疲れてしまったのではないだろうか?
有名人がある程度騒がれることは仕方ないかもしれないが、マスコミは悪意を持って報道しているのは明らかだし、やりすぎだろうと思う。
そしてそういった報道に対して一般の人達も騒ぎ立てる人も増えているのも原因なのかな・・・

れっきとした犯罪行為に対しては厳しく糾弾するべきだと思うが、不倫などに対しては寛容になれとは言わないがわざわざ批判をかき立てるようなことではないと思う。

不倫行為をした小室哲哉氏に対して悪いイメージを抱いたのは確かだ。人間的には好きになれない。
しかし彼の音楽は好きだし、今後も活動して曲を出して欲しいと思う。

まあまた犯罪行為をしたら永久追放でいいと思うけどね・・・

自分でも何かいてるのかよくわからなくなってきた(笑)

とりあえず一番強く思ったのはマスコミは下衆だなということ。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。