So-net無料ブログ作成

政府間合意を反故にする韓国政府はまともに相手をするべきではない。ただ国際的イメージには気をつけるべき [国際]

韓国の追加要求拒否、支持83%…読売世論調査

慰安婦問題を巡る日韓合意を反故にする韓国政府の要求を拒否する日本政府を支持する声が大きい。

当たり前のことである。

政府と政府が正式に合意したことを反故にするなどあってはならないことであり、韓国政府はまったく信用出来ず、今後別件も含め一切交渉に応じる必要はないだろう。日韓関係は悪化するだろうがどのような合意をしようが一方的に反故にするような相手と交渉しても意味がないだろう。
これは慰安婦問題とはまったく別の問題だ。

ただ気をつけなくてはいけないことは国際イメージだ。
日本人はこの慰安婦問題は歴史認識の問題ととらえている人が多い。政府もそうだろう。
ただ国際的には歴史認識の問題と言うより、女性問題ととらえられている。
日本は女性を差別する国としてとらえられていることを知らない人が多い。
それは日本の外交戦略の弱さでもある。
日本は政府間合意を反故にする韓国政府への不信と女性問題へのイメージ向上を図っていくべきだろう。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

逗子ストーカー殺人、情報漏洩に賠償金110万円の判決。賠償金は安すぎるのか?行政の怠慢に厳罰を求める声 [社会]

住所漏えい、市に賠償命令=逗子ストーカー殺人―横浜地裁支部

2012年に逗子市で起きたストーカー殺人事件で、加害者側に住所を漏らした逗子市に対して、被害者の夫が1000万円の賠償を求めていた裁判で横浜地裁は110万円の支払いを命じた。

この賠償金額について、安すぎるというコメントが多かった。
確かに人1人の命を奪われたことを考えると安すぎるという感想を抱くのはわかる。

ただ賠償金を考えるにあたり問題となるのは、逗子市の過失についてだけだ。
逗子市の過失は情報の漏洩だけである。
確かにその情報の漏洩が殺人につながったのは確かだが、逗子市の職員が殺人につながることをわかっていて情報を漏洩したことを証明、殺人幇助などの罪に問わない限りは、情報漏洩の過失に対してしか賠償金は請求出来ない。

情報漏洩の過失に対する賠償金の判例はくわしくないので知らないが、裁判で調べた上での判決だと思う。
それを考えると決して安いとは言えないと思う。

ただ行政のこうした情報漏洩事案は後を絶たない上に、その情報漏洩が殺人や重大事件につながることも多い現状を考えると、公務員の意識の低さ、何度繰り返されても対策を講じてこない行政側の怠慢は度しがたいものがある。
いまだに個人情報保護法を軽く見ている公務員の多さは呆れるばかりだ。
こうした対策を取っていかない限り厳罰を求める声は大きくなるばかりであることは、しっかり肝に銘じるべきだろう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

サッカーフランスリーグでトニー・シャプロン主審が選手を蹴ったあげくに退場処分を突きつける! 動画あり [政治]

仏リーグで主審が暴挙、もつれあった選手に蹴りを入れて退場処分に

サッカーのフランス・リーグ1、パリ・サンジェルマンVSナントの試合で、トニー・シャプロン主審がナントのディエゴ・カルロス選手ともつれて倒れ、その直後にカルロス選手に蹴りを見舞った上に、イエローカードを突きつけ、この試合2枚目のイエローとなったカルロス選手は退場処分となる事件があった。

動画はこちら


この動画を見る限り、接触してもつれて倒れたのは不可抗力に見える。
それに対して報復するかのように蹴りを入れているようにしか見えない。「蹴る意思はなく、背後から押されたように感じた」と言ったそうだが、苦しい言い訳だ。
主審も人間だから、子いに倒されたと感じてカッとなって蹴ってしまうこともあるかもしれないし、そのまま警告を出して退場処分にしてしまうこともあるかもしれない。
ただその場合は素直に過ちを認め謝罪するべきだろう。その場合でも暴行行為であることは間違いなく何らかの処分は必要だと思うが。

ただ今回は故意ではないと主張している。
この動画を見て故意ではないと思う人はどれだけいるのだろうか?
そしてリーグ1を納得させられるだろうか?

どうみて故意にしか見えないし、その場合は暴行行為に加えて虚偽になる。
そういう審判は2度と審判をして欲しくないな…
どういう処分が下されるのか見守りたい。





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

ももクロ有安杏果さん、卒業発表! 幸せになって欲しい [アイドル]

有安杏果「ももクロ」卒業を電撃発表「普通の女の子の生活を送りたい」

ももいろクローバーZの有安杏果さんが卒業発表した。
ももクロにはそれほど詳しくはないが、子役の頃から22年間も芸能活動をしてきたとのこと。
活動をしてき楽しいこともたくさん合ったと思うが、悔しいこと悲しいこともたくさんあったと思うし、普通の女の子のように友達と遊びに行ったり、ショッピングをしたり、男の子とデートしたりという生活にあこがれもあったと思う。
そうした多感な時期をずっと芸能活動に捧げてきたことを尊敬する。
ほんとにアイドルって凄いと思う。

ももクロの人気は凄いし、卒業を惜しむ声はすごく大きい。
でも芸能界という特殊な世界でずっと過ごしてきた子はある意味視野が狭くなってしまっていると思う。
1度普通の女の子に戻っていろいろな経験をすることで改めて見えてくるものがたくさんある。
その結果もう一度芸能活動をしたいと思えることが出来れば、歌にしろ演技にしろ表現の幅が大きく拡がるのではないだろうか。
もちろん芸能界に戻らず普通の女の子として生きていくのもアリだ。

今まで青春を芸能活動に捧げてきたことで多くのファンを幸せにしてきたと思う。
普通の女の子として生きていくにせよ、芸能界に戻るにせよ、自身が幸せになって欲しいと思う。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。