So-net無料ブログ作成

勢いのある人の尻馬に乗るだけの政治家が多すぎる。希望の党はみんなの党、維新の2の舞 [政治]

小池百合子東京都知事が新政党「希望の党」を立ち上げた。

それに伴い民進党などから離党して希望の党に合流しようという人が増えている。

こういう光景は、今まで何度も見てきた…

民進党の前身民主党の菅直人・鳩山由紀夫氏
みんなの党の渡辺喜美氏
維新の会の橋下徹氏

みんなその当時勢いのある人の尻馬に乗るために、その人の政党に人が群がる。
そしてそうした人の集まった政党は勢いがなくなると、みんなバラバラになってまた別の勢いのある人の尻馬に乗り換える。
毎度毎度節操のない政治家の多さに唖然とする。
彼らは何のために政治家になったのだろう…
もしかしたら彼らも最初は国を良くしようとか考えていたのかもしれない。
でも今では議員の席を確保するためには政治信条が違おうがかまわない。
目的と手段が完全に入れ替わっている。
希望の党も最初は小池氏の勢いであるていどの議席を確保するだろうが、中身のない政治家がいくら議席を持ってもすぐにボロが出て失速するとしか思えない。
そしてまたその頃勢いを持っている政治家がいたら、その人の尻馬に乗り換える。
これの繰り返しだ…

小池氏も小池氏だ。
東京都知事に就任して大した実績も無い。
就任してからそれほど経ってないのだから当たり前ではあるが、だからこそもっと都政に集中するべきではなかろうか。

私自身は正直言って安倍政権は交代して欲しいと思っている。
圧倒的な議席を確保したせいか思い上がっている様子が、自民党議員から何度も感じられたし、現実問題安倍政権は何度も問題を起こしている。
それでも安倍政権が倒れないのは、安倍政権以上に問題が多い野党の不甲斐なさのせいだ。

野党の仕事は与党の揚げ足取りや罵詈雑言を浴びせることではない。
もうちょっと真面目に政治をする政治家はいないものだろうか?






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。