So-net無料ブログ作成

築地移転に伴う豊洲盛り土問題、安全性を主張する都は専門家よりも詳しいのか?そして虚偽説明の責任は誰が取る? [社会]

築地市長移転に伴う豊洲の工事において、専門家会議の指摘によって盛り土をするはずだったが、実際には盛り土されず、盛り土されなかったにもかかわらず盛り土したと都が説明していて問題。

豊洲、安全性は確保できていた~都担当者
日テレより。動画あり。

都の担当者は安全性は確保されていたと釈明している。

しかし重大な疑問がある。
まず専門家会議によって盛り土すべきとされたのに、盛り土しなかったこと。
 私は土壌汚染に関する知識は無いので、都の担当者言うように安全性が確保されていたのかどうかはわからない。ただ専門家が指摘するならそれなりの根拠があってのことだろう。それを無視しておいて安全性を主張するならその都の担当者は専門会場の知識を持っているのだろうか?
とてもそうは思えないのだが…
そもそも無視するくらいなら何のために専門家会議なんてものをしたのだ?

次に盛り土をしていないのに盛り土をしたと虚偽説明をしたこと。
都は担当者のミスだと言っているようだが、どう考えても悪意を持って虚偽説明をしていたとしか思えないのだが…
盛り土の安全性についてはどちらが正しいのか判断出来ないが、どちらにしろ担当者が盛り土をしていなかったことを知っていたのは安全性を主張するくらいなのだから明らかだ。
にも関わらず盛り土をしたと説明したのはミスではなく虚偽説明だ。
都民に対する重大な裏切り行為だと言える。

ある意味では安全性よりも虚偽説明の方が重大だろう。
安全性は追加工事なりすればいいのかもしれないが、虚偽説明をした都の担当者がいるかぎり、今後も都の説明はまったく信用が出来ないことになる。
ミスだとして有耶無耶にすることは許されない。 小池知事は責任を持ってこの問題を追及し、責任を取らせ、組織を改革しなければならない!






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。