So-net無料ブログ作成

クリント・イーストウッドのトランプの人種差別発言擁護「俺が育った時代なら」はブラック企業経営者と同じ(笑) [社会]

過激な発言を繰り返すアメリカ大統領選挙候補者のドナルド・トランプ。
映画俳優のクリント・イーストウッドがトランプの人種差別発言を擁護したとのニュースが報じられた。
クリント・イーストウッド、トランプの人種差別的発言を擁護:「マスコミや民衆は過剰」

上記記事では「本当に情けない時代だ。みんな過剰に慎重になってる。俺が育った時代なら、トランプの発言が人種差別的だなんて言われなかっただろう」と発言したとされている。

これを読んで日本のブラック企業経営者達の言い分と同じだなと失笑した。
彼らは自分たちが若い頃は休みなく働いたとか、残業代が出なくても残業したとかいう人が多いが、そうした働き方が認められずに法律などが改正されて今の時代があるということを無視している。

クリント・イーストウッドの言い分も同じだ。
クリント・イーストウッドの若い時代は今よりももっと人種差別が当たり前にされていた時代だ。
そうした悪慣習を改善してきたというのに、同じ基準でものをはかってどうする?
ことが人種差別だからブラック企業よりもよほど問題は大きい。
彼にとって若かりし頃の人種差別を今の時代にも同じように差別しろと言っているように聞こえる。
そもそも彼の若かりし頃の人種差別を差別と思ってもいないのかもしれない。
そしてドナルド・トランプも同じような考えを持っているのかもしれない。

クリント・イーストウッドはドナルド・トランプを擁護したつもりかもしれないが、よけいに評価を落とすことに成のではないだろうか(笑)

ヒラリー・クリントンは正直好きではないが、トランプと比べればよっぽどマシだと思う。

クリント・イーストウッドは映画俳優としては好きだが人間としては好きになれないな…







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。