So-net無料ブログ作成

廃棄食品横流し事件でココイチ批判する愛知県大村知事。産廃業者に許可を出した愛知県知事の責任は? [社会]

愛知県で廃棄を依頼された食品を産廃業者が横流しして一般に売られていた問題。

愛知県の大村知事は中日新聞の取材に対して「「食品に対する信頼、県民の安心・安全を揺るがす大変な問題。流通の実態を解明し厳正に対処する」と述べた。「壱番屋は被害者だが、日本を代表するカレーチェーンで、社会的な責任は重い。
なぜこんなことになったのか、壱番屋も検証し、再発防止策を講じてほしい」とも求めた。

確かにCoCo壱番屋にも責任はある。
だが不正に横流しされた商品を見つけたのはCoCo壱番屋の社員で、報告を受けたCoCo壱番屋はすぐに公表して被害防止に努めている。
責任はあるものの迅速かつ充分な対応を取っていると言える。

この問題で一番責任が重いのは当然産廃業者だ。
そして産廃業者から仕入れたものを売るという暴挙をとった食品卸売業者の責任も重大だ。

そこで問題になるのは産廃業者というものは許可制であり、その許可を与えたのは愛知県知事だということであり、当然監督責任も愛知県にある。

記事の中にもあるがこの産廃業者は愛知県に処理について報告しているのだ。
愛知県の管理の甘さがこのような事態に繋がったとも言える。
そのあたりのことには一切言及せず、迅速誠実な対応を取っている企業の責任を追及しようとは…
自分たちの責任を追及される前に、責任を押しつけようとしているのではないかと邪推したくなる。

また食品の産地偽装事件などもそうだったが、このような事件が起こる度に悪徳業者に対して行政指導で終わってしまう。
刑事事件として立件できるように法律を整備していくべきだろう。
どうも日本の法律は企業に甘く出来ているような気がしてならない。
法律を作るのは国会、そして国会議員。
かれらに多くの献金をしているのは企業。
献金をしてくれる企業のために国会議員は働いているのだろうか?






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。