So-net無料ブログ作成

甘利明・経済再生担当大臣辞任。疑惑により閣僚を辞任するも議員は辞職しないのは美学に反しないのか? [政治]

甘利明・経済再生担当大臣が現金授受疑惑を受けて辞任を表明した。

今まで辞任した小淵氏や松島氏より潔いと思いたいところだが、辞任するのは閣僚だけで国会議員は辞職しないというはまったく同じだ。

会見で甘利氏は
「本来、安倍政権を支える中心的立場の人間が、逆に足を引っ張る。閣僚、甘利明にとっては………誠に耐え難い…事態である」。これは私の政治家としての美学、生き様に反する」
 「国会議員としての秘書の監督責任及び、政治家としての矜持にかんがみ、本日ここに、閣僚の職を辞することを決断しました」
と語っていた。

自分でも「国会議員としての秘書の監督責任」と認めているのだから、責任を取る方法は議員辞職ではないのか?
どうも甘利氏の持つ政治家としての美学、生き様というものが理解できない。
おそらく甘利氏は小淵氏や松島氏らをみっともないと思っていたのだろう。
だから自分は潔く退いたつもりなのだろうが、議員としての責任を認めつつ議員としては責任を取らないというのはおかしい。
甘利氏の美学は独りよがりの自己陶酔にしか見えない。

疑惑の詳細については今後も明らかにしてくれることに期待しつつ、議員としても責任を取ることを望みたい。

また野党の追及も弱い。
いまの現職議員の一人がかなり以前に行った言葉「秘書の犯罪は議員の犯罪」を思い出す。
言った当人は当時批判として言ったわけだが、数年後に自身の秘書が逮捕された際はまったく責任を取らなかった。
野党も法律を改正すると自分たちにも累が及ぶと及び腰になっているようにしか見えない。

野党はこれを機会に政治資金規正法などを抜本的に改正を提案するべきだろう。
お金の疑惑では「議員本人は知らなかった」ですべて誤魔化してきているが、そういった抜け道はふさぐべきだ。

安倍政権を金まみれと批判するくらいならそれぐらいのことはするべきだ!






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

甘利経済再生担当大臣記者会見にみるマスコミの低レベル化。オウム真理教の事件を思い出す。 [政治]

甘利経済再生担当大臣が現金授受疑惑報道をうけ、会見を開き状況の説明と辞任を表明したわけだが、会見で質問する記者達のお粗末さが目立った。

質問にしっかりとした返答をもらっていなくてもそれで済ましてしまう記者。

どうでもいいことを質問する記者。

こういった質問をする記者はたぶん普段から政治家達と仲が良いのだろう。

もちろん普段仲良くしておくことで得られる情報もあるのだろうが、こういった場面でなあなあの質問をするようでは記者失格だろう。

かなり昔の出来事になるが、オウム真理教の事件の際に、ジャーナリストの江川紹子氏やオウムの広報担当だった上祐史浩氏が頭がいいと評判になったことがある。
ただ会見を見ていた側としては彼らが頭がいいかどうか以前に質問する側が頭が悪すぎるという印象だった。
上祐氏は質問にあいまいな答やはぐらかした答を返してすぐに別の記者に質問してしまいはぐらかしていただけだし、江川氏はそのはがらかしに誤魔化されずに追求していただけで、はぐらかされて引き下がってしまう記者の質が低かっただけだろう。

それと同じことが今の政治記者にも言える。
なあなあでやっているのか、ただ単に記者の質が低いのかはわからないが、今のマスコミに権力を監視することは期待できない。

なにせいまのマスコミは某芸能事務所にも逆らえないからなぁ…







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。