So-net無料ブログ作成

東京五輪運営費が当初の6倍! 新国立問題もあわせ招致段階でわざと低く見積もった国民に対する詐欺行為としか思えない! [政治]

東京五輪費用1.8兆円 組織委試算 当初の6倍、公的資金投入は必至

産経新聞が報じているように、大会運営費、会場整備費が当初の6倍に達するらしい。
その言い訳は「人件費や資材の高騰」
まるで新国立競技場の建設費問題と同じ展開だ。
呆れるほかない。

新国立競技場のときも当初の見積もりについて詳しい説明はないままだ。
白紙撤回新しく計画することで有耶無耶にしたいのだろう。

そしてまた運営費の問題として同じことが起きている。

もう五輪招致の段階で、実際にかかる費用を見積もりとして出してしまうと、高額すぎて反対される恐れがあるから、わざと低く見積もっていたとしか思えない。

そうじゃないというなら、しっかりと見積もりの詳細を公開してどの部分がどれだけ上がったのかを説明するべきだろう。

もしわざと低く見積もっていたとしたら、国民全体に対する詐欺だ!
関わった人間全員を刑事告訴するべきだ!

似たような案件は五輪だけではない。

2019年に開催されるラグビーのワールドカップ。
ワールドカップを招致した日本組織委員会が国内の開催都市を決定するときも、自治体に分担金の話を一切せずに、開催都市決定後に36億円を要求してきている。
結局どの都市もその負担を飲まざるを得なくなっている。

このような詐欺まがいの行為が横行している。
おそらく昔から横行していたのだろうが、経済が順調だったために表に出てこなかったのだろう。
そしてそのときの感覚が森元総理などには残っていて、これが当たり前のことと考えていることがよくわかる。
こういう人間を組織から一掃しないと何度も同じことをするだろう。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。