So-net無料ブログ作成

AKB48は選抜がシングル曲を歌うのに何故紅白には全員出場するのか?視聴者は個人名を知らないままだ。 [アイドル]

年末恒例のNHK紅白歌合戦。
今年もAKB48のグループが何組か出場する。
毎年思うのだが人数が多すぎるのではないか?

AKB48やそのグループは普通シングル曲を発売する度に、その曲を歌うメンバーを選抜している。
ミュージックステーションなどの歌番組にも基本的にその選抜メンバーだけで出演しているはずだ。
しかしNHK紅白歌合戦だけは全員出演させているようだ。

確かに選抜以外のメンバーも出演できるのはメンバーも既存のファンもうれしいだろう。
しかしそのせいで視聴者の印象はただの大人数のグループとしか認識されず、メンバー個人の名前が覚えられることは無いだろう。
それこそ歌唱前のちょっとしたインタビューに答えるメンバーくらいしか認知されないのではないか?
全員出場して既存のファンは喜んでも新規にファンを獲得するのは困難だろう。


失速が伝えられるAKB48にとって、以前ほどではないにしろ国民的な番組として視聴率の高い紅白歌合戦に出るのだから、新規ファンを獲得することに集中するべきではないだろうか。
グループ全体で新しいファンを呼び込むとしたらよほど完成度の高い集団パフォーマンスをする必要があるが、選抜メンバーだけでパフォーマンスするならともかく全員でそれほど高いパフォーマンスが出来るとは思えない。
数人のアイドル性の高いメンバーに注目してもらう方がいいのではないか。
新規のファンを呼び込み、そこからグループのイベントなどに来てもらえるようにするのが大事だと思う。

前田敦子や大島優子がいた頃は彼女たちが新規のファンを獲得していたように思う。
現在そういうことの出来るメンバーがいないなら、紅白でファンを獲得する努力が必要だ。

また今回グループのSKE48、HKT48が出場を逃した。理由はいくつかあろうがその一つは正直なところNHK側があまりの大人数に嫌気がさしているのではないかと思っている。
一組だけならともかくうんざりしている視聴者も少なくないだろう。

まあこのままマンネリを続けていれば、いくら握手券をつけて一人に何枚もCDを売りつけていても紅白にはいずれ呼ばれなくなるだろう。それともNHKから秋元康に出場枠でも割り当てられているのだろうか?





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

選考基準にあっていない活躍していない歌手が出場するようになった紅白歌合戦。番組の価値は下がるばかり [芸能]

大晦日恒例のNHK紅白歌合戦。
紅白歌合戦への出場は多くの歌手の夢であり、ファンの夢でもあった。

しかし近年出場を辞退する歌手も増えてきており、番組の価値、視聴率も低下してきている。
さらに毎年なぜこの人が出るの?と疑問を抱かざるを得ない出場者も増えてきており、さらに番組の価値を低下させている。

紅白歌合戦の選考基準としてNHKは
今年の活躍
世論の支持
番組の企画・演出
の3点を中心にして
7歳以上の全国5000人を対象にNHKが行った『ランダムデジットダイヤリング』方式による調査の結果
NHKのど自慢の予選出場者の曲目
CD・カセット・DVDの売り上げ
有線・カラオケのリクエスト等についての調査
インターネットや携帯電話によるダウンロード等についての調査
の5つのデータを参考資料としている。

確かに多くの出場者はこれらを満たしているだろう。

しかし数人疑問符がつく人がいるのも確かだ。

以前ジャニーズ事務所の社長ジャニー喜多川が「NHKに2枠固定と言われ意固地になっていた」と枠の存在を暴露するなど、芸能事務所毎に出場枠が割り当てられているのは公然の秘密となっている。
これらは芸能界の暗黙の了解だったし、メディアが批判しなければ、個人の批判の声が広がることは無かった。
だが近年のネット人口の増大により、個人の上げる批判の声が大きく世間に広がるようになっており、こうした不可解な人選によって紅白歌合戦の価値が下がってきてる。

NHKはこうした時代の流れについてきていない。
もっとオープンになってもいいのでないか。
売上枠、NHK貢献枠、新人枠、話題枠など最初から枠を作るのもいいと思う。
またNHK受信料を支払っている人に投票券を与えて、視聴者枠を作ったらいいのではないか。

事務所との裏取引なんていつまでもやってるから社会の感覚とのずれが生じていることに気づくべき。
何でもかんでも視聴者の意見を取り入れる必要は無いが、まったく取り入れないようでは視聴者は離れていく。
もうちょっとスタッフたちは視野を広げるべきだ。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

公然といじめを行うヒロミ、木梨憲武の異常な感覚 FNS歌謡祭での見栄晴の棒立ち [芸能]

フジテレビで放送されたFNS歌謡祭でタレントの見栄晴が、藤井フミヤ、ヒロミ、木梨憲武の3人が「友よ」を歌う後ろで所在なげに棒立ちしている姿が映り、また何の説明もないまま終わってしまい、視聴者の間に困惑が広がった。

翌日になってヒロミがブログを更新。
昨日の見栄晴棒立ちの話
---以下ブログ抜粋---
番組のリハーサルから本番までの間に談笑中に木梨が
「三人で歌っているのを
ステージの奥から
俺も仲間に入りたいなって
見ている奴がいたら
面白いくない?」
と見栄晴を呼び出し、見栄晴には
「余計な事せず
ただ立ってて」と指示
「俺たちが曲終わりで
お辞儀したら
一緒にしろよ」
ただそれだけを言って
ステージへ
歌が終わって
怒られんじゃないか
ちょっと不安だったけど
怒られる事は無かった。
さすがフジテレビ
スタッフのみなさん
ありがとうございました。
楽しかったです。
---抜粋終わり---

ヒロミたちは楽しかったですとまるっきりいじめをしているつもりは無さそうだが、傍から見ていていじめとしか思えない。
よくいじめの事件がある度にいじめた側はいじめられた側も同意の上での悪ふざけだったと言うが、これもヒロミたちにやっていることはこれと同じだろう。
いい大人が公共の電波を使ってやっているあたり相当たちが悪い。

社会がいじめに敏感になっているなか、こういったことを堂々とやって悪びれないあたり、感覚がおかしいと思わざるを得ない。
この番組をみた子供たちは、立場の弱い子で同じことをしようとするだろう。
よくいじめや凶悪事件が起こると、暴力シーンのある漫画などに批判が集まるが、二次元の虚構の話よりも三次元の実在の人物が実際にやるいじめのほうがはるかに影響力がある。

フジテレビからは怒られなかったそうだが、フジテレビからしたら生放送だし終わってしまったことを指摘しても仕方ないだけなのでは?
まあフジテレビの最近の番組もおかしなものが多いから、本気で面白いと思ったのかもしれないが…

最近のお笑いタレントたちもテレビ局も、人を馬鹿にすることでしか笑いを取れないのだろうか?






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。