So-net無料ブログ作成

多選自粛条例を自ら破る埼玉県知事上田清司を応援する約束を守らないであろう政党と政治家たち [政治]

自ら制定した多選自粛条例を自ら破って出馬した上田清司埼玉県知事。

選挙戦が始まり、恥知らずにもこの条例破りの政治家の応援に駆けつけた政治家が早速現れた。

自民党の鳩山邦夫元総務大臣だ。今回自民党埼玉県連は上田知事の条例破りを批判して、別の候補者を支持しているが、自民党本部は誰も支持していない。
そんななか応援にあらわれた鳩山氏は「党本部から激しく文句を言われることはないと思うが、多少は覚悟の上だ」と応援演説している。
また自民党の二階俊博総務会長も上田知事の出陣式に祝電を送っている。
そして25日には自民党平沢勝栄衆院議員も応援に駆けつけている。
上田知事は過去にも自民党本部との緊密な関係をアピールしていたが、今回自民党本部は公に支持していなくても相変わらず条例破りを実行した上田知事と仲がいいようだ。

そして政党として「維新の党」も上田知事を支持している。
これらの自民党の鳩山邦夫元総務大臣、二階俊博総務会長、平沢勝栄衆院議員と維新の党は公に「自ら制定した条例を自ら破った知事」を支持していることになる。
条例破り、つまり有権者との約束を守ることを非常に軽くみている政治家と政党と言える。

これからもいろいろ選挙はあると思うが、これらの政治家や政党は自ら掲げる公約を守ることに対しても非常にに軽くみるであとうころは想像に難くない。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。