So-net無料ブログ作成

岩手の中2自殺。いじめを受ける生徒を見殺しした担任、知らなかったを繰り返す校長。生徒より保身が大事なのが今の学校。 [社会]

岩手県矢巾町で中学2年生の男子生徒が自殺した事件。
自殺?中2、担任へのノートに「死にたい」 いじめ示唆
いじめは毎日のように…中2死亡、同級生が証言

生徒と担任のやり取りをするための「生活記録ノート」にいじめがあったこと、自殺をほのめかす記述を無視した担任の先生。
「知らなかった、いじめがあったなら自分に報告があったはず」と責任逃れとしか言いようがない言い訳をする校長。
これがいまの学校教育の現場かと思うとゾッとする。

まだ調査中で詳細がはっきりしているわけではないが、あのノートを見るだけでいじめがあったこと、それを知りながら放置していたことは明らかだ。

まず担任はなぜ放置したのだろうか?
ノートでは「解決したのか?」と聞いて生徒から「解決していない」との答えがあって、それに対しては何も返していない。
解決していないことを確認済みなわけだ。
この時点で担任は何らかの対応を取ったのかどうかはわからない。
だがその後もいじめが続いているからには、対応していないのか、もしくは解決できなかったことになる。
そして知らなかったとする学校側。
担任が最初から見て見ぬ振りを決め込んだのか?
責任を問われることを恐れて相談しなかったのか?
はたまた生徒が見殺しにされたように、担任も学校から見殺しにされたのか?

いじめによる自殺が起きる度にほとんどの学校はまず「知らなかった」と言う。
そしてほとんどはただの言い訳で次に「トラブルがあったのは知っていたがいじめとは思わなかった」なる。
いじめだ認めてしまうと自分たちの責任を問われることが怖いのだろう。
だからいじめを見ても見なかった振りをする。
これが学校教育の現実だ。
こうした構造をどうにかしない限り、見殺しにされる生徒は後を絶たない。
といってもそう簡単に変えることは出来ない。というか変えられるくらいならとっくに変えているはず。

はっきりいってもういじめは学校内部で対応できるような問題ではない。
スクールカウンセラーなどにしても学校や教育委員会、文部科学省の下に置くのではなく、完全に別系統にしないと隠滅させられる恐れがある。
そして自殺に追い込まれるようないじめは犯罪の領域だ。
学校外で相談を受けられるような機関を作り、警察などにも介入してもらうことが必要だろう。

既に深刻な社会問題なのだが政治家さんたちは興味がなさそうだ…





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

新国立競技場、財源のあてもないまま総工費2520億円の計画了承。杜撰な計画を立てたJSCの責任を追及せよ! [社会]

2020年の東京オリンピックのメイン会場となる予定の新国立競技場。
日本スポーツ振興センター(JSC)は有識者会議を開き、総工費2520億円の計画案を了承した。
2520億円をどこから持ってくるかのあてもないまま…

杜撰な計画とそれが発覚した後の行き当たりばったりな対応。
そして財源のあてもないまま2520億円を使う計画を了承。
金もないのに何で承認できるのだろうか?
そもそも今まで2転3転してきた総工費は本当に2520億円に収まるのか?
デザインばかりが注目されるが、競技場としての設備は整っているのか?

放漫財政のツケで破綻の危機に陥っているギリシャ政府は最低の政府だなぁと常々思っていたが、日本も同じようなものだと実感させられる。

東京五輪組織委の森喜朗会長は「五輪やラグビーW杯だけで創る価値観だと、高い低いの議論になる」とのべ、日本スポーツ界全体の将来を見据えた国家プロジェクトであると強調する。
そのわりには陸上のサブトラックを常設しないなどスポーツ界などの意見は無視だ。
政府や行政の独りよがりの計画だ。

そしてこの承認された計画は2019年のラグビーワールドカップの開催に間に合わせるために一部客席の仮設化するものだ。
それはサッカーワールドカップ開催のための条件「常設で8万人以上収容」を満たせなくなる。
そのことを小倉純二日本サッカー協会名誉会長に突っ込まれると、河野一郎JSC理事長は「W杯招致に支障がないよう、少なくとも2020年が終わった後、常設化に向けて検討する」と再び場当たり的な発言。

つまり常設化に向けて、今後さらなる費用が重なることを明言したと言える。
今の2520億円の財源の目安もないまま…
どこまでいい加減なのだろうか?

JSCをなんとかしないといつまでも迷走するし、どんどん費用が重なっていくだろう。
JSCは天下り役員のための組織ではない!





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。