So-net無料ブログ作成

新国立競技場問題、文科省担当局長更迭でトカゲの尻尾切り。誰も責任を取らずにまた同じ事をやるつもりか? [政治]

新国立競技場の建設費高騰問題で、文部科学省は文部科学省の担当局長を辞職させた。

ではこの問題の責任は全てこの担当局長にあるのだろうか?
そう思っている人は辞職させた下村文部科学大臣も含め一人もいないだろう。
国民や舛添都知事の批判をかわすためのスケープゴートにすぎないのは誰もがわかっている。

だが舛添都知事がどうかは知らないが、国民が責任追及を求めているのは、担当者を処分するためではなく、責任を追及すると同時になぜあのような杜撰な見積もりをしていたのか、第3者委員会の専門家も含めた担当者たちがなぜそれを承認してしまったのかを検証して、新国立競技場の計画を一から立て直すに当たって、前回の二の舞にさせないことにある。
もちろんその過程で責任の重い人を更迭する必要もあるだろうが、ろくに検証もしないまま一人の役人にすべておっかぶせて辞職させることなど誰も求めていない。

東京五輪組織委員会、JSC、東京都、文部科学省、政府全てが改めて問題の検証をしなければならない。

そもそも最初の1300億円という数字はどこから出たのか?
北京にしろロンドンにしろ1000億円もかかっていないのに、なぜ1300億円なのか?
どういう計算をしてその予算を見積もったのかも不明。
それが3000億円になったのはどこの部分で高騰したのか?
1度削ったものが再び2520億円になったのはどの部分が高騰したのか?
すべて曖昧なままだ。

そして建設費、整備費が異常に高騰しているのは新国立競技場だけではない。
海の森水上競技場 69億円 → 491億円
有明テニスの森  59億円 → 119億円
東京ビックサイト 114億円 → 228億円
大井ホッケー競技場 25億円 → 48億円
葛西臨海公園   24億円 → 73億円
これらも全て責任を追及するべきだ!

正直なところ、どこかで誰かがゼネコンと癒着している疑いがぬぐえない…





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

映画「進撃の巨人」樋口真嗣監督、映画を低評価した人を「試写を見せる価値がない人」と上から目線 [芸能]

映画「進撃の巨人」の樋口真嗣監督のSNSでの発言が元で炎上している件で、樋口監督のツイッターで謝罪しつつも、さらに相手をこき下ろしている。




正直なところ私自身は原作は好きだが、映画にはまったく興味が無いので監督についても脚本についてもキャストについてもまったくしらない。
そしてその低評価の批評も読んでいない。
なので映画の出来も、批評の是非も言える立場ではない。
だがこの騒動後のツイッターの発言はいただけない。

試写を見せる価値がない人に試写状を送った」宣伝担当に「ブチギレ」たそうだが、なんでこの人はこんなに上から目線なのだろう?
「試写を見せる」? みていただくではないのか?
「価値がない人」? あなたは何様?

この映画監督にとっては自分の作品を「見せてあげてる」つもりなのだろうか?
別に低い評価を受けてぶち切れても別に構わないが、この態度はいただけない。

映画監督というのはみんなこんなに偉そうな人ばかりなのだろうか?
それにこうした他の作品を原作として映画を作るというのはいわば作品を借りている状態だと思う。
その借りている人がこのような言動をしていると、原作や原作者にも泥の塗るような失礼極まりない行為だと思うのだが…
それとも「映画化してやっているんだから感謝しろ」と思っているのだろうか?

映画監督という職業のイメージが限りなく低くなった…





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。