So-net無料ブログ作成

ギリシャ危機回避不可?銀行休業資本規制。あくまで他人のせいにするチプラス首相に呆れる。 [国際]

返済期限が30日にせまり、債務不履行(デフォルト)が目前に迫るギリシャのチプラス首相は28日国民向けのテレビ演説で29日から銀行の休業などの資本規制を行うことを発表。

ギリシャ国民は預金を引き出すためにATMに大行列を作ったが、ATM内の現金が空になるところが多発する事態に…

チプラス首相は、「預金や年金は完全に保護される」と述べたが、この状況でその言葉を信じる人はいないだろう。

そしてチプラス首相の演説はEUやECBに脅迫されているとして、完全に他人のせいにしているが、もともとはギリシャが金を返せないということが問題だということを無視している。

ギリシャの財政はユーロ参加以前から悪い。
それがさらに悪化して支援を求め、緊縮財政などの条件を受け入れて支援を受けた。
それが緊縮財政が気に入らないからと言って、緊縮財政を放棄したのが今のチプラス政権だ。
受け入れた条件を放棄した上で借金を返済したのならそれで構わないが、放棄した上で返済期限の延長とさらなる支援を求めるというのは流石に厚顔無恥としか言いようがない。

このままデフォルトになるだろうが、チプラス首相は他人のせいにするだけだろう。
ユーロ離脱してもドラクマに戻るだけだと考える国民もいるようだが、このような無責任な政府を他の国や投資家や格付け会社などが信頼すると思っているのだろうか?

現在ユーロが急落しているが、ドラクマが復活したとしてもそれ以上に価値が下がるのは確実。
ギリシャ国民の財産は使わなくても大幅に減るのも確実。
実際急いで引き出した現金で砂糖や小麦粉などを購入している人がたくさんいる。

こうした国民の苦境をもたらしたのはEUでもECBでもIMFでもなく、チプラス首相で有り、彼を選択したギリシャ国民だ。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

フジテレビ「池上彰緊急スペシャル!」吹き替えミスとお詫び。ミスではなくねつ造の可能性が高いと思うが… [社会]

フジテレビは6月5日放送の「池上彰 緊急スペシャル!」において翻訳テロップ並びに日本語吹き替えナレーションの内容と異なる映像を、誤って使用していたことに対するお詫びを番組ホームページに掲載した。

フジテレビはミスとしてお詫びをしているが、同局の過去のやり方を見るかぎり、意図的にねつ造した可能性は非常に高いと思う。
同局に限ったことではないが、番組作成に際し実際に取材したことを、発言者の意図と違うように編集することは非常に多い。
以前はスポーツ選手などが、自分がインタビューされた番組を見て、自分の意図と違うような印象を与えるように編集されたというくらいだったが、インターネットの発達により、取材された人物がかんたんに情報発信が出来るようになったため、すぐにそうした意図的な編集が明らかになるようになってきた。

今回の件がどのように発覚したのかはわからないが、フジテレビ自身によるチェックだけでなく、外部の人間にチェックさせる必要があると思う。

先日自民党の若手の勉強会でマスコミに対する言論統制発言があって頭にきた。
しかしマスコミの側のこのような意図的な編集が常態化している現状も許しがたい。
マスコミの報道は公正中立であることが第一だ。
意図的に改変するなど言語道断で、こうしたルールを逸脱したマスコミをマスコミ自身で取り締まることは過去を見る限りできていない。
しかし捜査機関などを介入させると言論統制と批判を浴びる。
だからこそマスコミは増長している。
自浄作用がないようだと今後何らかの規制も必要になる。
そうした規制を招くのはマスコミ自身だと言うことを肝に銘じるべきだ。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

本日ウィンブルドン開幕。錦織圭1回戦は22:30頃開始予定。WOWOWとNHKで放送予定 [テニス]

テニスの4大大会の一つウィンブルドン選手権(全英オープン)が開幕する。

錦織圭の1回戦は今日の22:30頃開始予定(前の試合の影響で前後すると思われる)

テレビ中継はWOWOWとNHK地上波で生中継される予定。

1回戦の対戦相手はイタリアのシモーネ・ボレッリ(ランキング56位)

錦織との過去の対戦は去年のウィンブルドン3回戦のみでそのときはフルセットの末錦織が勝っている。

ランキングが低いからといって油断できる相手ではない。

だが今回は錦織の怪我の状態が一番気になるところ。

ドイツのゲリー・ウェーバーオープンの試合中に痛めた足の状態はどの程度回復しているのか?

4大大会は5セットマッチで2週間にわたって開催される非常にタフな大会だ。

そして錦織のようなランキング上位選手に対して、相手選手は次の試合を考えることなく全力をぶつけてくる。

去年の錦織はボレッリとフルセットの試合をした次の4回戦で敗れている。

疲れが影響したのかどうかはわからないが、なるべく体力を温存して勝ち上がらないと上位進出は厳しい。
怪我の影響が残っているとすればなおさらだ。

もちろん他の選手達も多かれ少なかれ故障を抱え、同じように長丁場なのだから条件は同じだが…

錦織の4大大会の成績でベスト8に残れていないのはこのウィンブルドンだけ。

日本人男子としても松岡修造以来のベスト8進出に期待がかかる。

しかし数年前を考えればテニスの生中継が競合するなんて思いもしなかったこと。

いい時代になった。

錦織のおかげだな…






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。