So-net無料ブログ作成

ウィンブルドン全試合WOWOWで放送予定。錦織戦はNHKでも地上波で放送予定 [テニス]

男子テニスの最高峰の大会ウィンブルドン選手権(全英オープン)が開幕する。

WOWOWで全試合放送する予定だが、NHKでも錦織戦を中心に地上波およびインターネットで放送する予定だ。

今までテニス中継を続けてきたWOWOWにとってNHKの放送参戦は打撃になるとも言われるが、実際はそうでもないらしい。
従来からのテニスファンは相変わらずWOWOWを見て、最近の錦織の活躍に惹かれてテニスを見はじめた人はNHKを見る人が多いらしい。
そこからテニスにはまってもっと見たいという人はWOWOWに加入するというふうになっているらしい。

まあいずれにしてもテレビ局側としたら錦織様々だろう(笑)

その錦織だがウィンブルドンの成績は去年の4回戦が最高だ。
今年はそれ以上の成績を期待されるが、ゲリー・ウェーバーオープンで痛めた足の状態が気になるところ。
昨年の覇者ノバク・ジョコビッチ
7回の優勝を誇るロジャー・フェデラー
2度の優勝、3度の準優勝のラファエル・ナダル
一昨年の覇者にして地元イギリスのアンディ・マレー
さらに昨年4回戦で錦織を阻んだライバル、ミロシュ・ラオニッチ
今年の全仏を制したスタン・バブリンカ
これらの選手達に勝つのは容易なことではない。
だが錦織の実力なら勝ってもおかしくはない。

テニス界最高の伝統を誇る大会で錦織のさらなる躍進が期待される。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「マスコミを懲らしめる」「新聞をつぶせ」問題発言連発の文化芸術懇話会出席者一覧 やはり問題児ばかり(笑) [政治]

昨日「マスコミを懲らしめる」「沖縄の新聞を二つつぶさなければ」など耳を疑うような問題発言を連発した文化芸術懇話会に出席した議員の一覧が6月26日付の産経新聞に掲載された。

衆議院
青山周平 愛知12区 
池田佳隆 愛知3区 
石川昭政 茨城5区 
井上貴博 福岡1区 
大岡敏孝 滋賀1区 
大西英男 東京16区
大西宏幸 大阪1区
岡下昌平 大阪17区
鬼木誠  福岡2区
加藤勝信 岡山5区
木原稔  熊本1区
熊田裕通 愛知1区
今野智博 埼玉11区
酒井学  神奈川5区
佐々木紀 石川2区
白須賀貴樹 千葉13区
薗浦健太郎 千葉5区 
高鳥修一 新潟6区
谷川とむ 大阪19区
田畑裕明 富山1区
長尾敬  大阪14区
萩生田光一 東京24区
藤原崇  岩手4区
星野剛士 神奈川12区
堀井学 北海道9区
宗清皇一 大阪13区
前田一男 北海道8区
松本洋平 東京19区 
宮川典子 山梨1区
宮沢博行 静岡3区
武藤貴也 滋賀4区
簗和生 栃木3区
山下貴司 岡山2区
山田賢司 兵庫7区
参議院議員
滝波宏文 福井県選挙区
長峯誠 宮崎県選挙区
宮本周司 比例区

よく問題発言をして名前が出てくる人が多い。
鬼木誠  「NHKに国の見解に反するような放送をする自由はない」
萩生田光一 「共和党政権のときはこんな揚げ足をとったことはなかった。民主党のオバマ政権だから言っている」 

これに講師として作家の百田尚樹氏が参加
応援演説で「他の主要候補を人間のくずみたいなもの」
「民主党は息を吐くように嘘をつく」
「安倍政権では、もっとも大きな政策課題として憲法改正に取り組み、軍隊創設への道筋をつくっていかねばなりません」
土井たか子氏の訃報に「拉致問題などないと発言したばかりか被害者家族の情報を北朝鮮に流した、まさしく売国奴だった」

もともとの問題児達にこういう作家が講師になっているということが恐ろしい。
講師も参加者もいずれも安倍シンパ。
結局の所これが安倍首相の信条なのだろう。

これから日本がどうなるのか、想像するだけで恐ろしい…





報道批判続出「経団連に働きかけ、マスコミ懲らしめを」自民勉強会(文化芸術懇話会)安倍首相支持若手グループは民主主義を捨てた! [政治]

最近の安倍首相および自民党の増長が目立ってきているが、気に入らない報道をするマスコミはつぶすつもりのようだ。

安倍首相に近い若手議員が作る文化芸術懇話会が発足し初会合を開き、自ら暴走振りをアピールしてくれた。
朝日新聞

日本経済新聞

毎日新聞

・安保法案に批判的な報道に「マスコミをこらしめるには広告料収入をなくせばいい。文化人が経団連に働き掛けてほしい」

・「悪影響を与えている番組を発表し、そのスポンサーを列挙すればいい」

・「(安保関連法案を違憲とする)憲法学者や元内閣法制局長官に全く権威はない」

・沖縄県の地元紙が政府に批判的だとの意見が出たのに対し、百田氏は「沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない。あってはいけないことだが、沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ」と主張した。


いったいどこの独裁国家だ?
今までも自民党はマスコミにちょっかいをかけてきたが、ここまで明確に言論統制の意志をはっきりさせたのは初めてだろう。
民主主義を捨てたとしか思えない。
そして経団連の為としか思えない法律を多数成立させてきた安倍政権。
経団連もグルだと言うこともよくわかる。

文化芸術懇話会は木原稔青年局長が代表
他に首相側近の加藤勝信官房副長官、萩生田光一・党総裁特別補佐。
講師として首相と親しい作家の百田尚樹氏。
いまのところ明らかになっている出席者はこれだけだが、出席者全員の氏名を公表してほしい。

安倍首相を支持する若手グループであり、当然背後に安倍首相がいて、これらは安倍首相の意向といってもいいのだろう。
正気の沙汰とは思えない…





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。