So-net無料ブログ作成

ウィンブルドンのシード順位発表! 錦織圭は第5シード! ナダルは第10シード! [テニス]

男子テニスのウィンブルドン選手権(全英オープン)のシード順位が発表された。

第1シード  ノバク・ジョコビッチ(セルビア)
第2シード  ロジャー・フェデラー(スイス)
第3シード  アンディ・マレー(イギリス)
第4シード  スタン・バブリンカ(スイス)
第5シード  錦織圭(日本)
第6シード  トマーシュ・ベルディハ(チェコ)
第7シード  ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)
第8シード  ダビド・フェレール(スペイン)
第9シード  マリン・チリッチ(クロアチア)
第10シード  ラファエル・ナダル(スペイン)
第11シード  グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)
第12シード  ジル・シモン(フランス)
第13シード  ジョー=ウィルフリード・ツォンガ(フランス)
第14シード  ケビン・アンダーソン(南アフリカ)
第15シード  フェリシアーノ・ロペス(スペイン)
第16シード  ダビド・ゴフィン(ベルギー)

錦織は去年のウィンブルドンでは4回戦でミロシュ・ラオニッチに敗れている。これがウィンブルドンでの最高成績だ。4大大会で唯一ベスト8に残っていない大会である。
今大会では松岡修造以来のベスト8進出、そしてそれ以上の成績に期待が高まっている。

先週の大会では負傷により途中棄権しており体調に不安が残るが、検査では異常は見つからなかったらしいので頑張ってほしいところ。

ラファエル・ナダルは過去10年で最低の第10シードとなっている。過去2度の優勝、3度の準優勝を誇るナダルの巻き返しも期待したい。

ウィンブルドンでの優勝経験がある現役選手はビッグ4と呼ばれる4人だけ。
2003年~2007年 フェデラーの5連覇
2008年 ナダル
2009年 フェデラー
2010年 ナダル
2011年 ジョコビッチ
2012年 フェデラー
2013年 マレー
2014年 ジョコビッチ
7回優勝のロジャー・フェデラー
2回優勝のラファエル・ナダルとノバク・ジョコビッチ
1回優勝のアンディ・マレー
過去13年間この4人しか優勝していない。
今年は新たな優勝者が出るのか、ビッグ4が強さを見せつけるのか。
今年の大会も楽しみだ。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「宝塚がHIV感染の中心に」大河内茂太議員は「差別の意図はない」としているが意図なく差別していることが問題。 [政治]

兵庫県宝塚市が性的少数者(LGBT)を支援する条例制定を検討していることに対し、同議会で自民党の大河内茂太議員が「宝塚に同性愛者が集まってHIV(エイズウイルス)感染の中心になったらどうするのか、という議論が市民から出る」と発言。また「女子校や男子校などでは同性カップルが多い。環境によって後天的に同性愛者になる。学校での児童生徒への啓発活動が同性愛を誘発する可能性を否定できない」とも述べた。
「差別する意図はなく、発言を取り消すつもりはない。LGBTへの支援は必要だが、同性婚容認につながる条例制定に反対する立場から発言した」としている。
以上記事引用

こうした差別発言が問題視されて批判されると発言者はいつも「差別の意図はない」と言う。
彼らは本当に差別の意図はないのだろう。
ただ世間的に見れば差別でしかない。
彼らにとっては当然のことと認識しており、差別だと理解できないからこうした発言をする。

アパルトヘイトを容認するような発言をした曽野綾子氏もしかり。
イタリアのユース代表に黒人が多すぎると発言したアリゴ・サッキ氏もしかり。

彼らはどうして批判されているのかが理解できない。
そしてたまたま彼らは立場上その発言がクローズアップされているが、こうした差別していることに気づいていない人は社会には非常に多い。
こうした人たちにしっかり啓蒙していく必要がある。
残念ながら啓蒙をしていくべき政治家や行政にも同様に人たちが多いので期待できないが…


関係ないが今回の舞台は兵庫県宝塚市議会。
暴行を働いたとして辞職勧告を受けた酒上太造市議がいるのが兵庫県姫路市議会。
号泣議員として世界に名をとどろかせた野々村竜太郎氏は兵庫県議会。
兵庫県に問題議員がたくさんいるのは偶然なのだろうか?





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。