So-net無料ブログ作成

「海猿」原作者佐藤秀峰氏とトラブルのフジテレビが謝罪で和解。フジテレビの傲慢さが少しは折れた? [芸能]

「海猿」は海難救助の最前線で活躍する海上保安官を描いた漫画。

これを原作にしてドラマ・映画が制作され大ヒット。

しかし原作者の佐藤秀峰氏は、2012年10月にツイッター上で、フジテレビが事前の約束無しで突撃取材してきたこと、原作者の許可無く関連書籍を出版、販売していたことに激怒し、「信頼に値しない企業である」と絶縁状態になっていた。

6日に佐藤氏のサイトで和解したことを公表した。

フジテレビのホームページでも謝罪が載せられていている。

佐藤氏も書いているが、自分たちの過ちを認めるまでに3年近くの日がかかっている。

佐藤氏は謝罪を受け入れたが、企業としてのコンプライアンスの無さには呆れるばかりだ。

先ほどAKB48選抜総選挙に対する批判が殺到しているという記事を書いたが、この佐藤氏とのトラブルにもフジテレビの傲慢な姿勢が見て取れる。
佐藤氏に対しては謝罪したが、フジテレビの基本姿勢はいまも変わっていないということだ。

こうした企業が公平さを要求される報道番組も放送していることが恐ろしい。

恣意的にコメントを編集して発言者の意図とまったく違う印象を与えたり、やらせも多い。

こうした傾向は他のテレビ局にも最近多くなっているが、特にフジテレビとTBSは顕著だ。

何か問題がある度に反省したように見せているだけで、実際は何も変わっていない。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

AKB48選抜総選挙を中継したフジテレビに批判殺到。スピーチはぶった切る、スタッフの笑い声。視聴者をなめた姿勢が明確に出ている。 [芸能]

アイドルグループAKB48のイベント選抜総選挙を独占生中継したフジテレビに批判が殺到している。

このイベントはAKB48のメンバーにファンが投票し、その上位メンバーが次のシングル曲を歌う選抜メンバーに選ばれるというもの。

1人1票ではないため純粋な人気投票というわけではないが、好きなメンバーの浮沈の鍵となることもり、毎年投票券のついたCDは200万枚以上売れている。

そのイベントの中継を今年は前半をスカパーで、上位メンバーが出てくる後半をフジテレビが独占生中継した。

このフジテレビの作った番組構成、CMの入れ方、スタッフのいい加減さなどにファンから批判が殺到している。

まずランクインしたメンバーがスピーチをする場面があるのだが、BSスカパーでは会場の映像、音声をそのまま流してたのに対して、フジテレビはスタジオに司会者、ゲストを招いており、ゲストのトークを主音声、会場の音声(メンバーのスピーチ)を副音声と本末転倒している状態。映像もスタジオをメインにして会場をワイプの小さい画面にしており、何の番組かわからない状態。
番組後半は批判の多さに驚いてのか、ゲストをワイプにしていたが…

そしてCMの多さは唖然とするばかり。番組前半は放送時間の半分はCMなのではないかと感じるくらい多かった。
CMのないスカパーと比較してもしょうがないのだが、いくらなんでも多すぎる。中にはスピーチがまったく放送されないメンバーも多数いたようだ。
CMが無ければ番組も出来ないことはわかっているし、それも後半の上位メンバーをしっかり映すためと思っていたが、結局上位メンバーも遠慮無くCMでぶつ切り状態。

さらにはメンバーが涙ながらに語っている最中に、番組スタッフの笑い声らしき声が流れるという放送事故。
フジテレビという放送局の視聴者をなめた姿勢には呆れるばかりだ。

いかに非道い番組でも独占中継ならAKBファンは見るだろうという考えなのだろう。

しかしここまで非道い状態の番組はなかなかない。

CMに関してはある程度仕方ないのはファンもわかっているようで、ある程度は理解できるとしながらも、流石にスピーチをぶった切るのはおかしい。

あまりにCMが多すぎてイライラするあまり、スポンサー企業にまで悪感情をいたくファンもいるようだ。

テレビ局はスポンサーがいないと番組を作れない。だからスポンサーの方を見て番組を作っているのだろう。誰も視聴者が何を求めているかなんて考えていないし、考える必要も認めていないのだろう。
視聴者の求めていない番組を作り続けていれば視聴者は離れ、いずれスポンサーも離れることになる。

フジテレビは最近の多くの番組で視聴率の低迷が続いているが、このような態度で番組を作っているようでは当然のことだろう。
人気グループを独占中継すればある程度の数字は取れるだろうが、反感ばかりが募ることになることはどうでもいいのだろうか?
反感を買っている放送局の番組にスポンサーがつきたがると思っているのだろうか?
イヤなら見るなという態度のままではますます低迷していくことになるだろう。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。