So-net無料ブログ作成

自民党大西英男議員再び「報道機関を懲らしめる」 上西小百合議員へのセクハラヤジを飛ばした経歴を持つ(笑) [政治]

自民党の大西英男衆議院議員が、30日午後国会内で記者団の質問に対して安保法案に批判的な報道をするマスコミを「懲らしめなければいけないんじゃないか」とのべ、「誤った報道をするようなマスコミに対して広告は自粛すべきじゃないか」とも語ったと時事通信が報じた。

大西議員は発端となった文化芸術懇話会の参加者で当日は
「マスコミを懲らしめるには、広告料収入がなくなるのが一番。政治家には言えないことで、安倍晋三首相も言えないことだが、不買運動じゃないが、日本を過つ企業に広告料を支払うなんてとんでもないと、経団連などに働きかけしてほしい」と意見を述べており、党から厳重注意処分を受けた3人の一人。

あれだけ自民党幹部が火消しに躍起になっている中、確信犯なのだろうか?
幹部の制止を無視してでも、何としても言論統制をするべきだというのだろうか?
正直正気を疑いたくなる。

大西議員と言えば2014年4月の衆議院総務委員会において上西小百合議員に「まず自分が子どもを産まないとダメだぞ」というヤジを飛ばし、それを指摘された際には「記憶にない」ととぼけていた人物だ。その後撤回して謝罪しているが、堂々と嘘をつく誠意のかけらもなければ自分の発言に責任を持つことも出来ない人物であることははっきりしている。
なぜそんな人物がまた衆議院議員選挙に当選したのか疑問に思う。
東京16区の有権者達はそれほど大西議員のことを信頼しているのだろうか?
政治資金に関しても脱税で指名停止になった企業から献金を受けていて、発覚後返金。

自民党ってこんな議員ばっかりなのか?
それとも自民党に入るとこういう傲慢な人間になってしまうのか?

おそろしい政党があったものだ。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

川内優輝隠岐の島ウルトラマラソン2015は86位? ナショナルチームは辞退。陸連の存在価値は? [スポーツ]

2015年の隠岐の島ウルトラマラソンが行われ100kmの部に参加した公務員ランナー川内優輝選手は29歳以下の部で4位、総合で86位だった。

マラソンでは日本を代表する選手である川内選手だが、100kmとなると勝手が違うのだろう。

第10回隠岐の島ウルトラマラソン結果

結果とみると30台40台の選手が強いのがわかる。
それよりも驚くのが60歳代で川内選手を上回っている人が2人もいることだ。
もちろん川内選手は42.195kmのマラソンが本職で100kmとなると別の訓練が必要になってくるのは確かだが、それでも60歳代に人がこんなに速いというのは驚きだ。


話は変わるが川内選手が日本陸連が設立したマラソンナショナルチーム(NT)を辞退していたことがわかった。
本来とっくに選手は発表されているはずだったが、選手との合意に時間がかかると発表を延長していた。
川内選手は
「(方針を)コロコロ変えるのはどうか。リオで失敗して、東京に向けてというのなら分かるけど。優遇がないと辞退する選手はいっぱい出てくると思う」
「実業団の選手なら(NT合宿の行われる)国内じゃなく、サンモリッツ(スイス)やボルダー(米国)で高地合宿したいだろうし、自分も(NT合宿があると)個人の合宿が組めなくなる。無理してでも(NTに)入りたい理由はなくなる」
としているが、確かにこの条件では入るメリットはないどころかデメリットだらけだ。
何を考えてこんなものを設立したのか?

他の有力選手もみんな辞退しそうだ…

日本陸連は旧態依然とした運営に批判を受けてきたので、実業団に所属しない川内選手や藤原選手たちを受け入れようとナショナルチームを考えたのだろうが、結局実業団に反対されて、ナショナルチームの選手を代表選考に優遇するという原則を撤廃してしまった。
この優遇がなければ所属するメリットはほぼないというのに…

結局有力な実業団が陸連を牛耳っているのは変わらないということか…

これからも毎回不透明な代表選出を続けていくことになるのだろうな…






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。