So-net無料ブログ作成

政府間合意を反故にする韓国政府はまともに相手をするべきではない。ただ国際的イメージには気をつけるべき [国際]

韓国の追加要求拒否、支持83%…読売世論調査

慰安婦問題を巡る日韓合意を反故にする韓国政府の要求を拒否する日本政府を支持する声が大きい。

当たり前のことである。

政府と政府が正式に合意したことを反故にするなどあってはならないことであり、韓国政府はまったく信用出来ず、今後別件も含め一切交渉に応じる必要はないだろう。日韓関係は悪化するだろうがどのような合意をしようが一方的に反故にするような相手と交渉しても意味がないだろう。
これは慰安婦問題とはまったく別の問題だ。

ただ気をつけなくてはいけないことは国際イメージだ。
日本人はこの慰安婦問題は歴史認識の問題ととらえている人が多い。政府もそうだろう。
ただ国際的には歴史認識の問題と言うより、女性問題ととらえられている。
日本は女性を差別する国としてとらえられていることを知らない人が多い。
それは日本の外交戦略の弱さでもある。
日本は政府間合意を反故にする韓国政府への不信と女性問題へのイメージ向上を図っていくべきだろう。







スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。