So-net無料ブログ作成

白鵬にけん責処分はいいが、相撲協会自身の改革をする気はあるのか? 推挙した横綱審議委員会の責任は? [スポーツ]

横綱白鵬にけん責処分が下されるようだ。
白鵬をけんせき処分へ 不規則発言で相撲協会

これは当然だろうと思う。
だがここのところ続いている不祥事を見る限り、力士個人を処分すれば済むというものではないだろう。
角界全体が緩んでいる。
角界全体が改革に取り組んでいかなければならないはずだが、相撲協会の言動を見る限り改革出来る気がしない。
暴行事件自体は昔から何度も起きていて、何度も反省の弁を口にし暴力根絶を唱えてきたが無くならない。
それだけでなく隠蔽体質も変わらない。
外部理事もいるようだが機能しているように感じられない。
横綱審議委員会も同じく機能していない。

貴乃花親方を悪者にしようとする意図を感じるだけで、相撲協会は自分たちには悪いところはないと思っているように見える。
確かに相撲協会という組織の一員として考えれば貴乃花親方の動きは組織に逆らうものだろう。だが相撲協会、角界そのものがおかしい今、貴乃花親方が警察に任せたのはしかたないことだ。
常態化している暴力、それを隠蔽しようとする体質、これをおかしいと思っていない角界がおかしいということに気付いていないのか?

そして横綱の品格だのなんだの文句をつけるのも結構だが、それを指導するのは親方や相撲協会のはず。指導が出来ていないことの責任は誰が取るのか?
品格が身についていない力士を横綱にしたのは誰なのか?
そもそも日本人だってよくわかっていないものを外国人力士達にちゃんと伝えているのだろうか?
日本人同士ならあるていど暗黙の了解でわかる部分もあるが、外国人にまでそれを求めるのは無理がある。
そのへんを理解しているようにも見えない。

何が悪いのかもわからないようでは改革など出来るはずもないか…








スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。