So-net無料ブログ作成

スラムダンク最強センター、山王の河田雅史のモデル、アキーム・オラジュワンの動画 [スポーツ]

山王工業のセンター、河田雅史。
湘北の大黒柱で神奈川No.1センターとも言われる赤木が歯が立たず、「住む世界が違う」とまで言わしめた。
高校入学時は背が小さくガードであったが、身長の伸びに合わせフォワード、センターと転向し、ガード並みの技術を持つセンターとして、インサイドでもアウトサイドでも点が獲れる。
また花道の素質をいち早く認め、観察し、リバウンドでは飛ばせちゃダメなんだと攻略法を見つけるなど、頭も切れる。
花道が負傷した際もすぐに気づき、その才能を惜しみベンチに下がるよう勧めるなど、人間的にも器の大きさを感じさせた。
そんな河田のモデルはアキーム・オラジュワン!
異論が多そうだけど(笑)



ガード並みのスキルを持つセンターということで真っ先に思いついたのがオラジュワン。
多彩なステップ、ドリブル、シュートやパスフェイク、そしてフックやフェイダウェイショットなどの無数のスキルを組み合わせたドリームシェイクを武器に相手センターを翻弄した。
NBA歴代でも最高クラスのセンター、デビッド・ロビンソンをきりきり舞いさせたシーン、94年のファイナルで圧倒的なパワーを誇るシャキール・オニールを翻弄し、4勝0敗でスイープするなど圧倒的だった。
守備でも優秀でNBA年間最優秀守備選手に2度も選ばれている。ブロック王に3回、通算ブロック数歴代1位でもある。
さらにセンターにしては珍しくスティール数も多く、通算スティール数は歴代8位だ。上位はガードがほとんどで、TOP10のポジション内訳はガード7人、フォワード2人、センターはオラジュワンのみだ。
他にもリバウンド王2回、NBAファイナルMVP2回、優勝2回と素晴らしい実績を持っている。

赤木を外に引きずり出し、ドリブルで抜き去るシーンはデビッド・ロビンソンを抜き去るシーンによく似ていると思う。

まあ異論は多いだろうけどね…
ちなみに顔が一番似ているのはクラレンス・ウェザースプーンだと思う(笑)
2685012-0932159018-hi-re.jpg








スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。