So-net無料ブログ作成

甘利経済再生担当大臣記者会見にみるマスコミの低レベル化。オウム真理教の事件を思い出す。 [政治]

甘利経済再生担当大臣が現金授受疑惑報道をうけ、会見を開き状況の説明と辞任を表明したわけだが、会見で質問する記者達のお粗末さが目立った。

質問にしっかりとした返答をもらっていなくてもそれで済ましてしまう記者。

どうでもいいことを質問する記者。

こういった質問をする記者はたぶん普段から政治家達と仲が良いのだろう。

もちろん普段仲良くしておくことで得られる情報もあるのだろうが、こういった場面でなあなあの質問をするようでは記者失格だろう。

かなり昔の出来事になるが、オウム真理教の事件の際に、ジャーナリストの江川紹子氏やオウムの広報担当だった上祐史浩氏が頭がいいと評判になったことがある。
ただ会見を見ていた側としては彼らが頭がいいかどうか以前に質問する側が頭が悪すぎるという印象だった。
上祐氏は質問にあいまいな答やはぐらかした答を返してすぐに別の記者に質問してしまいはぐらかしていただけだし、江川氏はそのはがらかしに誤魔化されずに追求していただけで、はぐらかされて引き下がってしまう記者の質が低かっただけだろう。

それと同じことが今の政治記者にも言える。
なあなあでやっているのか、ただ単に記者の質が低いのかはわからないが、今のマスコミに権力を監視することは期待できない。

なにせいまのマスコミは某芸能事務所にも逆らえないからなぁ…









スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。