So-net無料ブログ作成

上西小百合議員の元公設秘書山本秀一氏が「国会欠席はズル休み」と暴露。比例代表制の欠陥の申し子だ [政治]

衆議院議員上西小百合氏が国会欠席して秘書とデート旅行していたと報じられたことがあったが、そのとき上西議員は「本当に病欠だった」と繰り返してきたが、ここにきて元公設秘書だった山本秀一氏が、週刊誌上で暴露している。

上西小百合議員 元公設秘書が実名告発「国会欠席はズル休み」

病欠だったかどうかは結局の所何らかの物証でも出さない限り本人が認めることは無いだろう。

しかしその後のタレント気取りの行動を見る限り、国会議員に相応しいとはとうてい思えない。

ただ有名になってチヤホヤされたいのだろう。

写真集まで出すとは呆れるばかりだ。

アマゾンのレビューでも酷評を浴びている。

なぜこのようなふざけた人物が国会議員になれるのだろうか?

上西氏は衆議院議員選挙に大阪七区から日本維新の会の推薦を得て出馬しているが、自民党の現職に破れている。にもかかわらず重複立候補した比例近畿ブロックで復活当選している。
まさに比例代表制の欠陥の申し子だ!

比例代表制そのものは悪いとは思わない。
しかし重複立候補が許されるのはおかしいとしか言いようがない。
小選挙区で「No」を突きつけられた人物が当選したのでは小選挙区の意味が無いだろう。
そして比例代表で当選した人物が党から除名となったのに議員は続けるのもおかしい。
当選したのは「日本維新の会」であって「上西小百合」ではない。

なぜこんなおかしな制度が続けられているのかと言えば、国会議員が選挙制度を作っているからとしか言いようがない。
自分たちの保身のためにしか法律を作らない。
だから一票の格差について最高裁から「違憲状態」と何度指摘されようとも、小手先の修正だけして抜本的な改革をしようとしない。

以前小泉チルドレンとして杉村太蔵氏が当選してかなりの批判を受けたはず。
また比例代表で当選したにもかかわらず離党しても議員を辞職しない人も枚挙に暇が無いほどだ。
最近ではみんなの党から13人の離党、除名があった際も一人も辞職していない。

国会議員にしろ地方議員にしろ、自分たちを律する法律や条令を作るのは無理なのだろう…








スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。