So-net無料ブログ作成

錦織圭ウィンブルドン2回戦棄権!1度しっかり休養すべき。放送予定だったテレビ局にも痛手だ。 [テニス]

男子テニスのウィンブルドンに出場していた第5シードの錦織圭は2回戦を故障のため棄権した。

先々週ドイツで行われたゲリー・ウェーバーオープンで負傷した左足ふくらはぎの怪我が悪化したようだ。

ゲリー・ウェーバーオープンでは準決勝進出したが、試合開始直後から足を引きずるような状態で、結局数ゲームだけで棄権したいた。
その後復調をアピールしていたが、ウィンブルドン1回戦でフルセットまでもつれる試合になり、また悪化してしまったようだ。

このクラスのトップ選手となるとみんなどこかに負傷を抱えている。
常に体と相談しながらの戦いだろう。
しかし治すべきは治しておかないと長引くことになる。

実際ビッグ4の一人ラファエル・ナダルは昨シーズンから様々な故障を抱えており、調子を落としたまま今シーズンも大きくランクを落としてしまった。

錦織のウィンブルドン出場は本人やトレーナーなどが出場できると判断したものだろうが、その判断が甘かったのは事実。
この際しばらく出場を取りやめ、しっかり怪我を治すという判断も必要なのではないだろうか?

ATPツアーには様々な制約があり、このクラスの大会に何大会以上出場しなければならないという規則もあるが、これはこの際仕方がない。
罰金などのペナルティが科せられる可能性もあるが、しっかり治しておかないとそれこを選手生命を縮めることにもなりかねない。

錦織の活躍でテニス界全体が盛り上がり、テレビ局もその活躍により注目している。
テニスファンだけでなく、一般の人にも認知が上がり、錦織はいまやドル箱コンテンツと言える。
せっかく盛り上がったテニス熱を一過性のものに終わられないためにもまだまだ錦織には頑張ってもらわなければならない。

そして何より錦織自身のために錦織本人や周りのスタッフ達が冷静に判断することを祈る。







スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。